スポーツパフォーマンスアップのための柔軟性改善

2/21/2015

 今日は私の地元諫早市において「子供のための健康教室」と題して、スポーツパフォーマンスアップのための柔軟性改善を指導しました。

 参加いただいたのは小学生バスケットボール、バレーボール、サッカー、バトミントン選手の方々と指導者、保護者を含めて50人ほどです。

 ウオーミングアップの目的は、これから始まる練習に向けての材料作りの時間です。材料がない身体に無理なパフォーマンスを求めると怪我につながりますし、パフォーマンスも思うようには向上しません。

 パフォーマンスを上げるのに技術練習を繰り返すことだけが近道か?材料作りにも時間をかけるのが近道か?

参加いただいた選手たちには身体で体験していただいたと思います。

 

Please reload

特集記事

講演活動

12/8/2016

1/1
Please reload

最新記事

12/8/2016

Please reload

タグ検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload